思い出の場所に行ってきました

今年も、妻とお墓参りに行って来ました。昨年よりちょっと早めでしたが、紅葉が始まっている様です。

実は、早めのお墓参りになったのは、先生には大変失礼なのですが、勝手な事情がございまして…。

わたくしと妻は二人とも歳を重ねてからの結婚だったものですから、式を挙げませんでした。学生時代より、先生には何かと心配ばかりお掛けしていたわたくしの結婚に、ありがたいほどの祝福の言葉をいただいたのですが、妻を連れて出席したOB会の席で、「せめて写真位撮った方がいい」と先生ご夫妻に写真撮影のプレゼントをいただいたのです。

写真撮影は、鶴岡八幡宮の門前にある結婚式場鶴ヶ岡会館で行い、その後、鶴岡八幡宮で、宮司にお祈りいただき、華正樓の鎌倉大仏店でお食事という、なんとも、もったいないほどのお祝いでした。

その旧華族の別荘を改装した華正樓の雰囲気が忘れられず、昨年も予約しようとしたのですが、10月下旬は七五三のシーズンと重なり、個室どころかレストラン席の予約もとれず、断念。そこで、今年はちょっと早めのお墓参りとなったのです。先生、ごめんなさい。

お墓参りの後、華正樓を訪れると、個室に通されました。予約時にはレストラン席と聞いていましたので、うれしい誤算です。相模湾を望めるすてきな個室でした。妻と二人で先生ご夫妻と食事したあの日を思い出しながら、静かで贅沢な時間を過ごしました。あの日と同じく、ふかひれスープ、おいしゅうございました。

ところで、今年、日本は大変な試練を経験しました。被災された方々のご苦労は、まだまだ続きます。「がんばろう!日本。生かされている命に感謝し…」、震災直後の選抜での選手宣誓に、日本国中が胸を熱くし、真摯に「生きる」とことに向き合った年となりました。有名・無名を問わず、民間の支援のスピードはとても速く、自分は大したことはしていないのに、日本人であることに誇らしい気持にもなりました。が、それに引き換え、政治家特に国会議員の無能ぶりは、何なのでしょう。先生はどう思われているのかな。

カテゴリー: 管理人だより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>