もしご都合合えば、10月20日(土)にお墓参りしませんか

今年は楠先生がお亡くなり十三回忌を迎えます。十三回忌というのは法要のことですから、先生のご家族ではない福田が使う言葉ではないのでしょうが、節目の年であることは違いないでしょう。

今年も妻と二人で10月20日(土)にお墓参りをする予定です。もし、楠ゼミOB生の方で、ご都合合う方がいらっしゃれば、一緒にお墓参りしませんか。

京急金沢八景駅のバス乗り場から午前11時29分発[鎌倉駅方面鎌倉駅行]バスで向かう予定です。

カテゴリー: 管理人だより | 1件のコメント

来年は13回忌です

s-kusunoki_net_20171104_01

今年も妻と二人で墓参りに伺いました。例年、ご命日の前の休日にお伺いしているのですが、今年は、11月に入ってしまいました。過去の写真と比べると若干木々が色づいているでしょうか。

来年は、13回忌を迎えます。本当に月日の流れは速いものです。先生がお亡くなりになったお歳に、私自身もあと2年で同い年になってしまうかと思うと、今になって先生がさぞかし無念なお気持ちだったであろうと、気づくのでした。

カテゴリー: 管理人だより | コメントする

白川様、もう1年経ってしまいました

楠ゼミナール第2期生の白川様の突然の訃報を三月兎のマスター松岡様から伺ってから、もう1年が経ってしまいました。

今日6月26日は白川真孝様の一周忌です。

楠ゼミナールの夏合宿では、3年生・4年生合同で数名のグループに分かれ、研究、発表を行っていたのですが、福田が3年生の時は白川様と同じグループでした。記憶に残っているのは、発表の内容が惨憺たるものだったことと、大学から宿に向かうバスの中で、隣同士の席になった白川様と福田はビールを飲み続け、飲めない福田は、宿につくなり畳の上にバタン!となってしまったこと。

決して社交的とはいえない福田が楠ゼミナールで何とかやっていけたのも、白川様はじめ諸先輩の皆様から「かわいがって」いただけたからと思います。

今宵は白川様のあのしわがれた笑い声を偲んで…献杯。

カテゴリー: 管理人だより | 3件のコメント

今年は5人で先生のお墓参りに行って来ました

s-kusunoki_net_20161024_01

今年の墓参りは、5人で先生のお墓参りに行って来ました。

今年の6月26に亡くなられた楠ゼミナール第2期生の白川様と同期の鈴木様と、楠先生が顧問をされていたローバースカウト部の当時幹事長を務められた渡辺様と、更に管理人福田と同期の楠ゼミナール第3期生の川井様、そして福田と妻の5人です。

「海外勤務が予定され日本への帰国が難しくなります。その前に是非先生のお墓参りに」と鈴木様よりご連絡をいただきました。鈴木様からサークル仲間でもある渡辺様にもお声掛けくださり、また福田より川井様をお誘いしました。

今年は先生も「何やらにぎやかだね」と思われたかも知れません。

お墓参りの後は、例年通り鎌倉へ移動して、鶴岡八幡宮の参道沿いにある紅虎餃子房で、お食事。大学時代の懐かしいお話が続き、お帰りは夕刻となってしまいました。

ところで、お食事の席で、みなさんにお話したのですが、普段は特に楠ゼミOB生の方々にお声掛けはせず夫婦でお墓参りしておりますが、2018年の十三回忌はお声掛けしようかと思っております。

カテゴリー: 管理人だより | コメントする

楠ゼミナール第2期生白川真孝様ご逝去

楠ゼミナール第2期生の白川真孝様が、2015年(平成27年)6月26日にご逝去されました。

白川様は、楠ゼミOB会に何度もご出席いただき、また、OB会の運営に付きましても、幾度も貴重な助言をいただきました。ブログ記事「楠先生の蔵書が高崎経済大学図書館に寄贈されました」にてご報告の通り、本件に於いては大変な尽力をいただきました。

楠先生と同じく、「これから」という年代、またバンド活動の楽しい記事もSNSで拝見していただけに、訃報に接し、誠に残念で信じられない思いです。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

カテゴリー: お知らせ | 2件のコメント

先生のお墓参りに行って来ました

s-kusunoki_net_20141026_01

今年も妻と先生のお墓参りに行って来ました。

毎年、同じ写真では代り映えしないので、今年は少々アングルを変えてみました。

カテゴリー: 管理人だより | コメントする

楠先生の蔵書が高崎経済大学図書館に寄贈されました

久々の大きなニュースです。

楠ゼミOB第2期生の白川さんのご尽力により、楠先生の蔵書が高崎経済大学図書館に寄贈されました。

今般の寄贈につきまして、楠先生のご家族、白川さん、高崎経済大学の諸先生方、図書館の職員の方々、そして三月兎のマスター松岡さん、沢山の方々にお世話になりました。誠にありがとうございました。

わたくし管理人・福田も、ご家族より蔵書をお預かりする段階よりOB会会長の紺野さん、白川さん、と共に作業に参加させていただいていたのですが、同期川井さんと一緒に白川さんご自宅で仕分け作業を行ったのを最後に、お忙しい白川さんにお任せしたままとなっておりました。白川さんには大変申し訳なく思っております。ありがとうございました。

まだ、図書館には伺っていないのですが、なるべく近いうちに、ご報告出来ればと思っております。

カテゴリー: お知らせ | 1件のコメント

先生のお墓参りに行って来ました

s-kusunoki_net_20131013_01

今年も妻と先生のお墓まりに行って来ました。

気づけば、私もあと数年で先生がお亡くなりになった歳になります。「今、わたしは先生に恥ずかしくない人生を送っているだろうか」、墓前で手を合わせる度に考えます。

ところで、今日は雲ひとつない快晴でした。土曜日を含めた三連休の半ばとあって、鎌倉霊園から鎌倉市街へ向かう道が大渋滞。バスで10数分のところが1時間以上かかったでしょうか。鶴ヶ岡八幡宮への参道も大変混雑していました。

カテゴリー: 管理人だより | コメントする

先生のお墓参りに行って来ました

今年も、妻と先生のお墓参りに行って来ました。

当初は、10/7の予定だったのですが、天候不順だったため翌日へ延期しました。当日は、一転穏やかな晴天でした。

お墓参りの後は、例年通り、鎌倉へ。そしてこれまた例年通り、鶴岡八幡宮へ。山門では、挙式を終えた方々の記念撮影に偶然出くわしました。

吉永小百合さんが出演するJR東日本のCM『大人の求人倶楽部 神奈川県「鎌倉」篇』でも、映し出されていますが、神式挙式も厳かな雰囲気がまたいいですね。新郎新婦は若いお二人で、人力車に乗ったお姿。その周りを親族の方が囲みます。人力車の車夫の方が、恐らく50代と思わしき、渋目なオヤジさんだったのがまたいい感じでした。

そのお二人とは縁もゆかりもない私たちを含め、何人もの観光客の方が自分のカメラに納めていました。何か幸せな時間のお裾分けをいただいた気分になるんですよね。

カテゴリー: 管理人だより | 1件のコメント

思い出の場所に行ってきました

今年も、妻とお墓参りに行って来ました。昨年よりちょっと早めでしたが、紅葉が始まっている様です。

実は、早めのお墓参りになったのは、先生には大変失礼なのですが、勝手な事情がございまして…。

わたくしと妻は二人とも歳を重ねてからの結婚だったものですから、式を挙げませんでした。学生時代より、先生には何かと心配ばかりお掛けしていたわたくしの結婚に、ありがたいほどの祝福の言葉をいただいたのですが、妻を連れて出席したOB会の席で、「せめて写真位撮った方がいい」と先生ご夫妻に写真撮影のプレゼントをいただいたのです。

写真撮影は、鶴岡八幡宮の門前にある結婚式場鶴ヶ岡会館で行い、その後、鶴岡八幡宮で、宮司にお祈りいただき、華正樓の鎌倉大仏店でお食事という、なんとも、もったいないほどのお祝いでした。

その旧華族の別荘を改装した華正樓の雰囲気が忘れられず、昨年も予約しようとしたのですが、10月下旬は七五三のシーズンと重なり、個室どころかレストラン席の予約もとれず、断念。そこで、今年はちょっと早めのお墓参りとなったのです。先生、ごめんなさい。

お墓参りの後、華正樓を訪れると、個室に通されました。予約時にはレストラン席と聞いていましたので、うれしい誤算です。相模湾を望めるすてきな個室でした。妻と二人で先生ご夫妻と食事したあの日を思い出しながら、静かで贅沢な時間を過ごしました。あの日と同じく、ふかひれスープ、おいしゅうございました。

ところで、今年、日本は大変な試練を経験しました。被災された方々のご苦労は、まだまだ続きます。「がんばろう!日本。生かされている命に感謝し…」、震災直後の選抜での選手宣誓に、日本国中が胸を熱くし、真摯に「生きる」とことに向き合った年となりました。有名・無名を問わず、民間の支援のスピードはとても速く、自分は大したことはしていないのに、日本人であることに誇らしい気持にもなりました。が、それに引き換え、政治家特に国会議員の無能ぶりは、何なのでしょう。先生はどう思われているのかな。

カテゴリー: 管理人だより | コメントする